HOME

What's New(新着情報)

不動産で中古住宅を購入

中古住宅を不動産で購入して早7年。
中古住宅の最大の魅力は、価格が安い!が第一ではないでしょうか?

そこで、私が中古住宅を購入したきっかけは、以前住んでた県営住宅の下の階の住人からの嫌がらせ…だったわけで、すぐに出て行きたかったからなんです。
結婚して2年ほどだったので、お金はなく新築住宅は建てられません。
そこで、休みの日は近所の不動産めぐりをして、今の中古住宅にたどりついたわけです。

中古といえど、探せば築浅物件は必ず出てくるので、マメに不動産めぐりをして、情報収集することをお勧めします。
今の家にたどり着くまで、2件ほど下見をしましたが、築浅でも家の状態は大違いでした!
まず、チェックすることは、立地条件(太陽はあたるか・災害が起きにくい場所か・近所の状況など)下見の時に、住人の方がまだ住んでいれば、近所づきあい自治会費など聞いておいた方がいいと思います。最近は自治会に入らない方もいますが・・・
家の状況。
出来れば軒下の換気状況をチェック!!
家の柱はしっかりしているかチェックしておけば安心ですね☆
お風呂やトイレも大事ですよ~水回りはなかなかリフォームできないので…(高い)
私は素人なので、下見の時は親戚の1級建築士の資格をもつおじさんに一緒に来ていただきました。
やはり、今住んでいる家が一番家が長持ちするよ。前に下見した家は、家の状況は悪いということでした。確かに、屋根がめくれてたりしてました。

築浅にこだわらなければ、価格も下がると思いますし、下がった分リフォームにあてることも出来ると思います。
中古住宅おすすめです。

HOME